前へ
次へ

医療技術者たちがVRを使って理解すること

最新技術を使うことで、病気に対する理解度を高めることができます。
VRを使って病気の症状をほぼ完全に再現することによって、病気の人がどんな状態で苦しんでいるのかを近くできるようになりました。
医療の現場で患者の心理に寄り添うために、研修として利用する医療機関も少なくありません。
実際に現場で患者の心理を理解できないというスタッフは多いといいます。
特に精神疾患に対する理解度の低さは、多くの研究者から指摘されてきました。
VRを活用して実際に病状を知覚をすることによって、患者の心理的な状況に寄り添った治療を実現できるようになること、心理的なケアに対しての考えを改めることができるようになることが期待されています。
特徴的な精神疾患を患っている人の病状は、本人がどんなに真剣に語ったとしても、周囲の人間は理解が難しい範囲です。
そのため、VRを使用して周囲の人間に理解してもらうことで、病気に対して再認識し、患者本人の尊厳を大切にしながら回復させるためのプランを話し合うこともできます。

Page Top